牡蠣サプリメント人気ランキング ※ 肝臓にイイのはどのサプリ?厳選比較!

牡蠣サプリメント人気ランキング ※ 肝臓にイイのはどのサプリ?厳選比較!
牡蠣サプリメント人気ランキング ※ 肝臓にイイのはどのサプリ?厳選比較!

先に人気の牡蠣サプリを知りたい方は、「2. 牡蠣サプリ人気ランキング」へ移動してください。

目次

1. 牡蠣エキスの働きと効果・効能にはどんなものが?

1-1. お酒や二日酔いに対する働き

牡蠣には肝機能や肝臓のサポートに良いといわれる必須アミノ酸をはじめ、含硫アミノ酸などタンパク質、亜鉛、グリコーゲンなどの栄養素が豊富に含まれています。

良質なタンパク質や、含硫アミノ酸であるタウリン、亜鉛はアルコールの分解・解毒に働く肝臓の機能の活性化に役立ち、中でもタウリンはアルコール分解酵素の生成を促してくれます。

こうした栄養素を含む牡蠣エキスは二日酔いや悪酔いの対策に役立ちます。

さらに豊富なアミノ酸はエネルギー代謝に必要な成分で、グリコーゲンもエネルギー源となる成分であることから、翌朝の疲れや残りなどの対策にも役立ちます。

1-2. 貧血に対する働き

牡蠣エキスには鉄分や亜鉛、ビタミンC、ビタミンB12、タンパク質など、貧血対策に一緒に補いたい栄養素が含まれています。

鉄分は体内で酸素を体の隅々にまで運び、二酸化炭素を受け取る働きをするヘモグロビンの主成分で、不足すると、立ちくらみ・めまい・動機・息切れなどが起こる要因になります。

また、血液や赤血球の量が減少しても貧血は起こります。

牡蠣のエキスには貧血の予防に欠かせない鉄分をはじめ、鉄分の吸収を促すタンパク質やビタミンC、タンパク質を生成する亜鉛、ヘモグロビンの生成を促す銅などの栄養素が豊富に含まれています。

血液を作る造血のために必要で、不足することで貧血になりうるビタミンB12、葉酸も豊富です。

1-3. 血圧に対する働き

牡蠣エキスには栄養素は2つの点から血圧対策に役立つといわれています。

牡蠣にはタウリンをはじめとしたアミノ酸や、亜鉛などのミネラルなど、血圧に関係する栄養素が豊富な食材です。

血圧が上昇する要因には塩分の過剰摂取、ストレス、コレステロールなどによる巡りの悪化が挙げられます。

アミノ酸のタウリンはこの中でも特に塩分の過剰摂取による血圧の上昇を防ぎ、正常な数値を保つことに役立ちます。

また、タウリンは亜鉛とともに血液ドロドロの要因になるコレステロールにも働きかけてくれる成分です。

これはコレステロールを下げる働きがある肝臓の働きを高め、コレステロールの処理に必要な胆汁の生成を促すためです。

1-4. 冷えに対する働き

手足の指先が冷えたり、体全体が冷える・寒さを感じる、体が思い、だるいと行った冷えの症状は巡りの滞りが大きな要因として挙げられます。

牡蠣エキスには巡りと関係の深い新陳代謝を活発にする亜鉛、体温の維持に大切な基礎代謝に必要なアミノ酸やタンパク質、スムーズな巡りに必要なビタミンC、ビタミンA、鉄分といった栄養素が含まれています。

女性の場合は鉄分の不足による貧血で冷えが起こることもあるので、冷えと一緒に貧血の対策も行うことができます。

1-5. コレステロールへの働き

牡蠣エキスはコレステロールと関係の深い肝臓の働きを高めることからコレステロールに役立つといわれています。

肝臓には体内のコレステロールの濃度を調整する働きや、脂質の消化吸収を助ける胆汁の生成といった役割がある臓器です。

タウリンなどのアミノ酸や亜鉛は肝機能を高め、余分なコレステロールの排泄を促すことで増加を防ぎ、悪玉コレステロールを減らす善玉コレステロールを増やすことに役立ちます。

昔は生牡蠣にはコレステロールが多いといわれていましたが、これは測定法の誤りで、むしろ牡蠣にはコレステロールは少ない食品にあたります。

牡蠣にはコレステロールを下げることに役立つ栄養素が含まれているので、その栄養素は積極的に補いたいものでもあります。

1-6. 美肌に対する働き

肌を美しい状態に保つには肌の内部で新陳代謝が活発に行われることが必要です。

この細胞や肌の生まれ変わりといった新陳代謝には亜鉛が大量に消費されるため、亜鉛が不足すると、新陳代謝が低下し、くすみや古い角質がたまる、カサカサした乾燥肌などの要因になります。

牡蠣エキスには食品の中でも亜鉛が最も豊富に含まれており、美肌に大切な新陳代謝を促してくれます。

また、肌の生まれ変わりを促すことから、既にできてしまった肌のシミに働きかけ、美白にも役立つとされています。

この他にも牡蠣にはコラーゲンの生成を促し、美白に役立つビタミンCやビタミンAも含まれています。

1-7. 肝臓に対する働き

肝臓にはエネルギー代謝・解毒・胆汁の生成という3つの重要な働きを担っている臓器です。

血圧のコントロールやコレステロールにも重要な働きを持っており、お酒の飲み過ぎや暴飲暴食などで働きが低下すると、脂肪肝などの生活習慣病の根本にもなります。

牡蠣エキスにはアルコールなどの毒素を分解する解毒の働き、脂肪の分解やコレステロールの低下といった肝臓が持つ働きを助けるタウリンや亜鉛が豊富に含まれています。

また、硫黄を含む含硫アミノ酸であるタウリンは、アルコールの分解に必要な酵素の生成も促し、肝臓を助ける働きもあります。
肝臓や肝機能を助けることから、二日酔いや悪酔い対策をはじめ、血圧やコレステロールなどの対策にも役立つといえます。

1-8. 疲労回復に対する働き

海のミルクと呼ばれる牡蠣エキスにはその名の通り、豊富な栄養素が含まれています。

スタミナ源となるタンパク質は1日に必要な量の3分の2を含有し、体力アップに欠かせないアミノ酸は8種類の必須アミノ酸を含む全18種類、エネルギー源になるグリコーゲンもたっぷりと含まれています。

その他にもエネルギー代謝を行う肝臓の機能を助けるタウリンや亜鉛、ビタミンB2,ビタミンB12、ビオチンといった栄養素が含まれています。

牡蠣は食べるだけでエネルギー源となる栄養素だけでなく、疲労対策に大切なエネルギー代謝に大切な肝臓の働きも助ける栄養素も補えることから疲労に役立つとされています。

特にグリコーゲンはエネルギーが不足した時にブドウ糖にすぐに作り変えられて素早く供給される成分で、疲れに役立つとされています。

グリコーゲンから作られるブドウ糖は脳の唯一のエネルギー成分なので、ボーっとする、注意力が散漫になるといった頭を使うことによって感じる疲れにも役立ちます。

1-9. 滋養強壮への働き

牡蠣エキスには滋養強壮・栄養ドリンクにも含まれているタウリンやビタミンB2,ビタミンB12、亜鉛、グリコーゲンなど、数多くの栄養素が豊富に含まれています。

貧血対策に大切な鉄分も含まれています。

これらの栄養素はスタミナ・エネルギー源に直接なり、活力アップに役立つものから、エネルギーを作り出したり、お酒で負担のかかりやすい肝臓や内蔵の働きを助けてくれます。

特に豊富に含まれている亜鉛は、男性の場合は前立腺に最も豊富に含まれている成分で、性ホルモンの分泌に関係するといわれ、精力アップや不妊などにも役立つといわれています。

1-10. 不妊への働き

牡蠣エキスには滋養強壮や精力アップに役立つ栄養素をはじめ、妊娠を望んでいる夫婦の男性や、不妊で悩んでいる女性や妊活中の人がサプリメントなどで摂取している栄養素が豊富に含まれている食材です。

牡蠣には積極的に補いたいタンパク源であるアミノ酸が豊富で、さらにセックスミネラルともいわれる亜鉛が含まれています。

男性ホルモンの分泌にも関係し、不足すると精子の量が減少したり、運動率の低下、生殖能力の低下の要因になるといわれている亜鉛は食品の中では最も豊富に含有。

女性のホルモンバランスを整えることに役立つビタミンEや、葉酸・鉄分・ビタミンB12といった造血に関わる栄養素も含まれています。

2. 牡蠣サプリ人気ランキング

1位

海乳EX

海乳EX
メーカー健康サポートセンター
価格2,052円(定期1,949円)
1日分約66円(約62円)
タイプソフトカプセル
内容量62粒 / 31日分(1日2粒)
HPhttp://pa-re.info/

カキ5個分の栄養素を1日分に凝縮!

広島県江田島産の牡蠣を原料に使用し、1袋に155個分の牡蠣の栄養素を凝縮。

必須ミネラルである亜鉛に、タウリン、グリコーゲンやアミノ酸など、39種類の栄養素を配合しています。

豊富な栄養素はスタミナや肝臓対策だけでなく、低下しがちな精力や薄毛などの頭皮の悩みにもアプローチ。

1日約66円と高価な牡蠣のサプリの中ではお手頃な価格。
2粒で5個分の牡蠣肉エキスを補えるサプリメントです。

2位

レバリズム-L

レバリズム-L
メーカーBella Pelle
価格5,980円(定期3,980円)
1日分約192円(約128円)
タイプソフトカプセル
内容量93粒 / 31日分(1日3粒)
HPhttp://liver-rhythm.jp/

1ヶ月分モニターキャンペーン中!

岡山県産の牡蠣エキスに加え、しじみエキスと鮫肝油を使用。

メイン成分のタウリンは肝臓の解毒分解作用を助けて、肝臓にたまった中性脂肪の排出を促進すると言われています。

他にもオルニチンなど肝臓をサポートする成分が多く入っているので、お酒をよく飲む人や脂肪肝などで健康診断で引っかかる人には人気があります。

3位

プレミアムオイスター

プレミアムオイスター
メーカーサプリパーク
価格5,980円(定期3,980円)
1日分約199円(約132円)
タイプタブレット
内容量60粒 / 30日分(1日2粒)
HPhttp://sapuri-park.com/

1日分に亜鉛が牡蠣8.4個分!

瀬戸内のミネラル分が豊かな海で育った栄養価の高い広島牡蠣を使用。

タウリン、鉄分、アミノ酸と牡蠣の栄養をまるごと凝縮。

たんぱく質やホルモンの合成など新陳代謝を担う亜鉛は、1日分に牡蠣8.4個分を配合しています。

お酒を飲む人に人気のクルクミンやオルニチン、ビール酵母もサポート成分としてプラス。

プレミアムオイスターの口コミ&評判

好きなものが食べられる幸せ!

プリン体をあまり気にしなくなりました。
好きなものが食べられています。

3. 牡蠣に含まれている栄養成分

3-1. グリコーゲン

動物性でんぷんとも呼ばれるグリコーゲンは体内では肝臓と筋肉に存在をしています。

筋肉では運動のエネルギー源として、肝臓ではブドウ糖に変化することで体のエネルギー源になる成分です。

食べ物から摂取した栄養素はグリコーゲンの形で肝臓で一時的にエネルギー貯蔵物質として備蓄されます。

体のエネルギー源にはグリコーゲン以外には脂肪酸やアミノ酸もありますが、それらと比べてグリコーゲンはすぐにエネルギーになるという利点があります。

グリコーゲンは脳の唯一のエネルギー源であるブドウ糖になるため、集中力や記憶力のアップにも役立ちます。

グリコーゲンが枯渇し、足りない状態になるとエネルギー不足になり、肉体的な疲労や集中力の低下やボーっとするなど精神的な疲労の原因になるといわれています。

・グリコーゲンが含まれる食品

牡蠣(カキ)・ウニ・帆立

・グリコーゲンに関係するキーワード

疲労回復・肉体疲労・頭の回転・脳の活性化・グルコース・代謝・グリコーゲンローディング

3-2. タウリン

牡蠣をはじめとした魚介類に豊富に含まれるタウリンは体内のいたるところに存在し、構成成分にイオウを含む含硫アミノ酸の一種です。

栄養ドリンクなどに含まれる成分としても一般的な成分です。

主な働きとして肝臓の細胞である肝細胞の再生を促すことが挙げられ、肝臓の機能強化に役立ちます。

肝臓にはエネルギー代謝、アルコールやアンモニアなどの毒素の解毒、胆汁の生成の3つの重要な働きがあり、機能を高めることでこれらの働きを助けてくれます。

胆汁の生成は体内のコレステロールの調整や脂質の消化・吸収に必要な作用で、胆汁の生成を促進することでコレステロールやドロドロの対策になります。

また、肝臓の全体的な働きを高めるだけでなく、タウリン自体がアルコール分解酵素の生成を促すため、二日酔いや悪酔い対策として役立ちます。

体中に存在するタウリンは目の網膜にも存在し、紫外線などの刺激から網膜を守る働きや目の新陳代謝を促す働きがあり、視力の低下などにも役立つとされています。

・タウリンが含まれる食品

牡蠣(カキ)・はまぐり・しじみ・あさり・タコ・イカ

・タウリンに関係するキーワード

肝機能・脂肪肝・コレステロール・高血圧・疲労回復・滋養強壮

3-3. ビオチン

以前はビタミンH、ビタミンB7とも呼ばれていたビオチンはビタミンB群の一種です。

牡蠣や肉類などの食品から摂取するだけでなく、体内では善玉菌により合成され、健康的な体であれば欠乏症になることはないといわれています。

しかし、近年の食の欧米化や偏った食生活、不規則な生活では不足も心配されています。

ビオチンには人が生きていくために大切な酵素の働きを助ける補酵素としての役割があります。

疲労物質の乳酸を蓄積させずにエネルギー物質であるブドウ糖に作り変える働きや、コラーゲンなどのタンパク質の合成やアミノ酸の代謝に関わる酵素の働きを助けてくれます。

疲労や疲れの対策から、美肌や白髪・抜け毛の予防などに役立つとされています。

また、ビオチンにはアトピーや皮膚の炎症の原因になる物質であるヒスタミンの産生を抑える働きもあるといわれています。

・ビオチンが含まれる食品

牡蠣・牛レバー・ヨーグルト・大豆・ピーナッツ・卵・グレープフルーツ

・ビオチンに関係するキーワード

疲労・白髪・アトピー性皮膚炎・美肌・ネイルケア・掌蹠膿疱症

3-4. 亜鉛

牡蠣をはじめとした魚介類やレバーなどの動物性食品に含まれるミネラルである亜鉛。

体内では血液や皮膚などに多く存在し、骨や腎臓・肝臓・脳・毛髪など新陳代謝が活発な細胞に多く存在するといわれています。

男性の場合は前立腺に最も多く存在するといわれています。

タンパク質の合成など、人が生きていく上で欠かせない細胞の新陳代謝には200種類以上の酵素が関わっていますが、亜鉛はその中心的な成分としての役割があります。

亜鉛が不足すると成長の遅れ、肌荒れ、味覚障害、肝臓の機能・免疫機能の低下の要因になるといわれています。

亜鉛はさまざまな細胞の活動に関わっているため働きも多岐にわたります。

・亜鉛が含まれる食品

牡蠣(カキ)・帆立・カニ・レバー・玄米・納豆・卵

・亜鉛に関係するキーワード

精力・不妊・脱毛・髪・二日酔い・肝機能・男性機能・味覚障害

3-5. 鉄分

牡蠣にも豊富に含まれている鉄分には肉や魚などの動物性に含まれるヘム鉄と、野菜に含まれる非ヘム鉄の2種類があり、ヘム鉄の方が吸収力が高いとされています。

鉄分は血液中で体中の細胞に酸素を運ぶ働きを担っており、この働きによってエネルギー生成が行われています。

鉄分が不足することによって体中で必要な酸素が不足し、必要なエネルギーを作り出したり代謝を行うことができずに免疫力の低下や貧血が起こります。

筋肉中でも酸素を届ける働きをしており、運動疲労の回復や持久力の維持にも役立つともいわれています。

女性の場合、月経で排出されるため不足しやすので積極的に補いたい栄養素です。

妊娠初期や中期で出産を控えている妊活中の人の場合は、必要な量が普段よりも多いのでより積極的な摂取が必要です。

鉄分はそれだけを多く摂取するよりも、亜鉛やカルシウムなどの他のミネラルと一緒に補う方がミネラル全体としての働きが高まるので、より効果的に摂取できます。

亜鉛や鉄分などのミネラルを豊富に含む牡蠣は理想的な食材ともいえます。

・鉄分が含まれる食品

レバー・赤身の肉・カツオ・牡蠣・シジミ・大豆・インゲン・納豆

・鉄分に関係するキーワード

貧血・鉄欠乏性貧血・疲労回復・貧血・妊娠・妊活・不妊

3-6. 牡蠣エキス

牡蠣エキスは牡蠣のミルクともいわれる生の牡蠣から抽出され、濃縮したエキスで、亜鉛をはじめとした14種類以上のミネラル、19種類以上のアミノ酸、6種類以上のビタミンと豊富な栄養素が含まれています。

良質なタンパク質も豊富で、生牡蠣100gの中には1日に必要なタンパク質の3分の2が含まれるともいわれています。

特に多く含まれる栄養素としては亜鉛、タウリン、グリコーゲン、鉄分といった栄養素が挙げられます。

含まれる成分が数多くあるため、働きも多岐にわたりますが、代表的なものとしては肝機能のサポートやお酒の対策、疲労や貧血の対策、美肌、冷え性などがあります。

・牡蠣エキスが含まれる食品

タウリン・グリコーゲン・亜鉛・アミノ酸・鉄・ビタミンB群・葉酸・ミネラル

・牡蠣エキスに関係するキーワード

滋養強壮・疲労回復・肝機能・肝臓・不妊・血圧・コレステロール